自己破産をしていても住宅ローンを組めたってどうして?体験談と解決策




自己破産をしているのにも関わらず住宅ローンを組めたという場合なぜ組めたのか知りたいですよね。

自己破産をしているのに住宅ローンが組めた場合はなぜなのでしょうか。

自己破産をしているのに住宅ローンを組めるのかどうか体験談と解決策をお送りします。

自己破産をしても住宅ローン組めた?の体験談1

質問

自己破産して住宅ローン組めた方居ますか?

回答

自己破産しても借りてはいけないというような法律や条例は一切ありません。

そのためいつでも当然可能です。

多額の負債を無理して支払うより、返済がなくなった分だけ金銭的な余裕ができるのですから、頭金だって溜まりますよね。

金融事故の情報が一定期間残りますから、多少は審査にハンディがあるのは当然ですよ。

自己破産してから住宅ローンの体験談2

質問

自己破産して住宅ローン組めた人っているのですか?

回答

何事もやってみなければわからないです。

答えはやってみる事です。審査受けて見てはいかがでしょうか。

自己破産をして住宅ローン組めたの体験談3

質問

今までに自己破産をして住宅ローンを組めた方はいるのですか?
自己破産をしたらどの位の期間がたてばローンは組めるますか?

回答

自己破産の場合は7年から10年です。

信用情報は本人の申し出に対し開示しますので、郵送で良いので御自分で調べてから申し込むとよいです。

 

自己破産して住宅ローン組めたという場合は10年以上経っている場合が多いものの、10年未満で通る事もあるのですね。