自己破産後に住宅ローンを組むにはどうすべき?体験談と解決策




自己破産後に住宅ローンを組むのは一筋縄では行かなくなり悩みますよね。

自己破産後に住宅ローンを組みたい時はどうすべきなのでしょうか。

やはり自己破産後はどうしても住宅ローンを組むことはできないのでしょうか。

自己破産後の住宅ローンについて体験談と解決策をお送りします。

 

自己破産後の住宅ローンは可能?の体験談1

質問

自己破産後の住宅ローンについて、年齢42歳 既婚者 子供2人会社員勤続5年 年収560万円です。

現在の借り入れ 小規模消費者金融 200万円、破産免責から5年となりました。

このような現状で2000万円程の住宅ローンの審査に通る可能性はありますか?

回答

自己破産では信用情報機関の全銀協に10年間記録が残りますよね。
どの様な事情があるのか分かりませんが自己破産免責5年で200万円の借金が有る時点で審査は難しいと思います。
少なくとも借金無し頭金をしっかり貯蓄していても厳しいですよ。

自己破産した後に住宅ローン組めるようになるのは・・・の体験談2

質問

自己破産をした後、住宅ローンを組めるようになるのはいつからですか?

10年後という話をよく聞きます。
必ず10年はローンが組めないのでしょう。

どうやってローンが組めるようになったか知れますか?
カード審査を通して調べるしか無いのですか?

回答

本人の努力次第としか言えないです。
破産したあと頑張って金を稼いで財を成すことはできますよね。

金を稼いでもとの生活に戻っている人もいますよ。

自己破産したら住宅ローン何年で組める?の体験談3

質問

自己破産したら住宅ローンは何年経ったら組めるのですか?

回答

自己破産すると信用情報の官報欄に「10年を超えない範囲で」記載されています。
最大10年です。

免責決定後5年程度で住宅ローンを組んでいる方がいるのも事実です。

属性が良くないと組めない事は事実です。10年待たずに復権する事もありますよ。

 

自己破産後に住宅ローンを組むのは10年以上経たないと難しいでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です