自己破産をしていても住宅ローンはフラットなら組める?体験談と解決策




自己破産をしていても住宅ローンを組みたい時にフラットなら組めるかもと聞くと、自分も組めるかな?と気になり悩みますよね。

自己破産をしていても、フラットなら住宅ローンを組めるのか否か、体験談と解決策をお送りします。

9年前自己破産でフラット35の体験談1

質問

9年前に自己破産をしました。属性が良ければフラット35など審査が通る場合があると聞いたのです。本当ですか?

回答

信用情報機関の、CIC・JICC、の方は自己破産の情報は5年で消えます。

しかし信用情報機関の全国銀行個人情報センターの方は消えるまで10年かかるので、現状ではまだ無理なのです。
1年ほど待ってからにしましょう。

7年前に自己破産でフラット35の体験談2

質問

7年前に自己破産しました。

今年の8月にクレジットカードを作りました。

次は住宅ローンを組みたくて、アルヒフラット35に申し込んだ所、事前審査を通過しました。
本審査も大丈夫ですか?
私は、勤続2年半、年収約600万程という状況です。

回答

事前審査はアルヒ基準で行われます。

本審査は住宅金融支援機構が行います。

審査に通るのか通らないのかは誰にもわかりません。賭け見たいなものなのです。

自己破産して10年で住宅ローンフラット35の体験談3

質問

自己破産して10年以上経ちました。

クレジットカードもその後、最近作ることができたのです。

現在40歳でこれくらいなら大丈夫だろうという金額で住宅ローンフラット35がダメでした。

回答

貴方の収入や職業、勤続年数など詳細が分からないと答えようがないです。
過去の自己破産は銀行の記録からは抹消されませんので引っかかる可能性は有ります。

 

自己破産をしてからフラットであっても住宅ローンに組めないことがあるでしょう。